【MANSORY/マンソリー】Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン 専用 MANSORY / リアスポイラー I VisibleCarbon カーボン マンソリー-リアスポイラー

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 ルルドプレミアムマッサージクッションWもみ ミントブラック AX-HCL188MB【マッサージャー アテックス AX-HCL188MB 健康器具】

【MANSORY/マンソリー】Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン 専用 MANSORY / リアスポイラー I VisibleCarbon カーボン マンソリー-リアスポイラー!

RYU【リュウ】 ラウンドファスナー財布 レザー 革 ブラウン系 長財布 【中古】 USED-9 質屋 かんてい局北名古屋店 n19-56RYU【リュウ】 ラウンドファスナー財布 レザー 革 ブラウン系  長財布 【中古】 USED-9 質屋 かんてい局北名古屋店 n19-56


【MANSORY/マンソリー】Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン 専用 MANSORY / マンソリー リアスポイラー I VisibleCarbon カーボン

適合車種
Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン

~MANUFACTORY~MANSORY/more than tradition, more than racing
イギリス高級車とイギリス車のもつ独特のスタイル・コンセプトはMANSORYブランドのオーナーであるKourosh Mansory氏を常に魅了し続けています。
同氏のイギリス車に対する熱意は自分自身を長年イギリスに滞在させるに至りましたし、イギリス車の伝統・イギリスならではのクラフトマンシップ・工学技術といった価値観に共感し、全力を傾けるようになりました。
1989年企業設立当時すでに、ロールスロイス・ベントレー・アストンマーティン・フェラーリに対して特別な思いを寄せていました。
2001年半ばに、社屋をドイツ南部のミュンヘンからFichtelgebirgeに移しました。
ワーグナーフェスティバルで有名なBayreuth近郊のBrandの新社屋では、様々な自動車製造業分野において、熟練スタッフがハイエンドチューニングパーツを生産しております。
2007年11月にはスイスのチューナーであるRINSPEED社からポルシェチューニング部門を引き継ぐことにより、MANSORYブランドに新たな製品が加わりました。
ポルシェ製品に関しては、新たにMANSORY SWISS社を設立し、RINSPEED社があったチューリッヒ湖近辺のZumikonにてオペレーションを行っています。
世界水準でポルシェ用チューニング・アクセサリープログラムの開発と販売を行っております。人技と最高の素材を駆使した最高技術レベルの商品生産。
これがMANSORYの品質基準です。
調和のとれたエアロダイナミクスプログラム、プログラム車種に見合った超軽量ホイール、圧倒的なパフォーマンスをもたらすエンジンチューニングはMANSORYテクロノジープログラムの基盤です。
高品質かつスタイリッシュなインテリアアクセサリーはどの車両メーカー、チューナーにもないほどの多種多様な素材を用意しています。
MANSORYのインテリアプログラムは躍動的なデザインであれ、非常に高価で貴重な素材を利用するにしても、常にオーナーに対し、心地良さと満足を与えてくれるものに仕上がっています。これがMANSORYの品質基準です。
現在、MANSORY社には70名以上の従業員がおり、世界中の富裕層からのあらゆる要望に応えております。
ドイツ・スイス本社のみならず、世界各国に厳選された販売ネットワークを構築しております。
MANSORY社は今までにない独自開発したチューニング・カスタマイズアクセサリーを提供しています。
MANSORYはパーツを市場に送り出すだけでなく、そういった超富裕層からの要望に応じたオンリーワンコンプリートカーの販売も行っております。




»(もっと詳しく知る)

【MANSORY/マンソリー】Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン 専用 MANSORY / リアスポイラー I VisibleCarbon カーボン マンソリー-リアスポイラー

»(もっと詳しく)

【MANSORY/マンソリー】Rolls-Royce/ロールスロイス ドーン 専用 MANSORY / リアスポイラー I VisibleCarbon カーボン マンソリー-リアスポイラー?

Debian JP Project は、 Debian Project との協力関係の下に以下のような活動を行っているボランティアで構成される任意団体です

もちろん、あなたのプロジェクトへの 参加 は大歓迎です。 詳しくは、Debian JP Project について をご覧ください。